医療費通知

 

 みなさんが医師にかかったときの医療費は、いくらかかっているのでしょうか。
 本人、被扶養者の外来、入院いずれも3割を窓口で支払うだけ(入院したときは、本人、被扶養者とも食事療養または生活療養にかかる標準負担額を別途負担)ですので、医療費がいくらだったのか、意識しにくいしくみになっています。
 そこで、健康保険組合では、健康保険制度をより深くご理解いただくため、「医療費のお知らせ」を作成し、みなさんが受診された医療費をお知らせしています。
 平成29年分の確定申告からは、医療費控除の適用を受ける際、「医療費のお知らせ」を医療費の明細書として申告書に添付できるようになりましたので、大切に保管しておきましょう。 >> 「医療費控除」



医療費のお知らせ−例

【個人情報の取り扱いついて】
 当健保組合の「医療費のお知らせ」は世帯単位で作成しておりますが、被保険者及び被扶養者の方から特段のお申し出がない場合、「同意(黙示)」を得たものとして取り扱わせていただきます。
 なお、世帯単位の「医療費のお知らせ」について同意されない方は当健保組合までお申し出ください。(同意及び留保につきましては、その都度お申し出により、いつでも変更することが可能です。)



インデックス ページの先頭へ