トップページ > 保健事業 > 健診・人間ドック

健診・人間ドック

 

 当組合では、35歳以上の加入員の皆さまが年度内1回、健診が受診できるよう次のとおり設定しました。生活習慣の見直しや健康増進に役立てていただき、また皆さまの健康を守るために、年度内1回の受診をお願いいたします。


 平成20年度から「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、各健保組合に「特定健診・特定保健指導」が義務づけられ、当組合においても円滑な実施に取り組んでまいります。なお、当組合で実施しているすべての健診コースには、特定健診の健診項目(質問項目を含む)が網羅されており、後日、健診結果に基づき「特定保健指導」を受けていただくことになります。

当組合の「特定健康診査等実施計画」についてはこちらをご覧ください(PDF)



● 健診コース別対象者及び補助内容

健診コース 対象者 補助金額 自己負担額
特定健診 実施年度4月1日現在で当組合に加入しており、実施年度中に40歳〜74歳となる方及び75歳に達する方を対象に実施 特定健診のみを受診した場合の費用補助はありません。 全額自己負担
婦人・生活習慣病予防健診コース(特定健診項目含む) 実施年度中に35歳以上の年齢に達する被保険者及び被扶養者 20,000円を限度として、要した費用の全額(内、特定健診項目にかかる費用は全額補助) 補助金限度額を超えた額
日帰り・一泊人間ドック健診コース(特定健診項目含む) 実施年度中に40歳以上の年齢に達する被保険者 35,000円を限度として、要した費用の全額(内、特定健診項目にかかる費用は全額補助) 補助金限度額を超えた額
巡回婦人健診(特定健診項目を含む) 実施年度中に35歳以上の年齢に達する女性被保険者及び女性被扶養者 全額補助 無料

● 年齢の算定

 年齢に達するとは、誕生日を意味します。例えば、受診当日に35歳未満であっても、翌年(1月から3月までに受診する場合は当年)3月末日までに35歳の誕生日を迎える人は35歳以上を対象とした婦人・生活習慣病予防健診の受診ができます。

 

● 受診資格

 受診資格の有無は健診日当日で判定します。

 

● 実施健診場所

 受診場所は、契約健診機関となります。

  • 婦人・生活習慣病予防健診、日帰り・一泊人間ドックの契約健診機関は契約健診機関一覧表(Excel)をご覧ください。
  • 巡回婦人健診の実施会場は、別途ご案内しております。

● 申込み・受診方法(契約健診機関)

 

1)施設健診

  • 1 健診の予約・受付(受診者⇔健診機関)
    希望する健診コース・健診機関を選択、次に健診機関へ直接連絡して予約・受付
  • 2 健診申込書の提出(受診者(事業所)⇒健保)
    予約後、「健診申込書」を健保組合に提出

    ※申込書の提出は、受診日から2週間前までに健保組合に提出してください。

  • 3 受診資格者の連絡(健保⇒健診機関)
    組合から健診機関へ申込があったことを連絡
  • 4 問診票・案内等の送付(健診機関⇒受診者(事業所))
    健診機関から受診者へ「問診票」等を送付
  • 5 健診の受診(受診者⇔健診機関)
    「問診票」等を持参し、健診機関にて受診・健診行為
  • 6 窓口での健診料金の支払(受診者⇒健診機関)
    組合補助限度額超の場合、補助金額を差し引いた額を支払い。組合補助限度額以内の場合、支払なし。
  • 7 健診機関から結果表の送付(健診機関⇒受診者)

2)検診車による巡回婦人健診

 当組合では、一般社団法人東京都総合組合保健施設振興協会(略:東振協)と協力して全国の公的施設等に検診車を配置するなどして、女性向け健診「婦人生活習慣病予防健診(巡回)」を「4月から7月」と「10月から1月」の年2回実施しています。
  この健診は、35歳以上の女性を対象に、乳がん及び子宮がん検査を含めた内容となっています。
  なお、実施案内は、「4月から7月」の実施は12月、「10月から1月」の実施は6月にそれぞれ当組合ホームページトピックス、事業主様及びご担当者様にお知らせいたします。
  申込方法は、受診希望者ご自身が所定の申込書で申込・受診となります。



● 検査項目


1)特定健診の項目

 特定健診は、メタボリックシンドロームに着目した健診で、以下の項目を実施します。


(1)検査項目
基本的な項目
  • 質問票(服薬歴、喫煙歴等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 血圧測定
  • 理学的検査(身体診察)
  • 検尿(尿糖、尿蛋白)
  • 血液検査
    • 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
    • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
    • 肝機能検査(GOT,GPT,γ―GTP)
詳細な
健診項目

※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施

  • 心電図
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)
  • 血清クレアチニン検査(eGFRによる腎機能の評価を含む)

(2)質問項目(標準的な質問22項目)
1〜3 現在、aからcの薬の使用の有無
  1. a.血圧を下げる薬
  2. b.血糖を下げる薬又はインスリン注射
  3. c.コレステロールや中性脂肪を下げる薬
4 医師から脳卒中(脳出血、脳梗塞等)にかかっているといわれたり、治療を受けたことがありますか。
5 医師から心臓病(狭心症、心筋梗塞等)にかかっているといわれたり、治療を受けたことがありますか。
6 医師から、慢性腎臓病や腎不全にかかっているといわれたり、治療(人工透析など)を受けていますか。
7 医師から、貧血といわれたことがある。
8 現在、たばこを習慣的に吸っている。
(※「現在、習慣的に喫煙している者」とは、「合計100本以上、又は6ヵ月以上吸っている者」であり、最近1ヵ月間も吸っている者)
9 20歳の時の体重から10kg以上増加している。
10 1回30分以上の軽く汗をかく運動を週2日以上、1年以上実施
11 日常生活において歩行又は同等の身体活動を1日1時間以上実施
12 ほぼ同じ年齢の同性と比較して歩く速度が速い。
13 食事をかんで食べる時の状態はどれにあてはまりますか。
14 人と比較して食べる速度が速い。
15 就寝前の2時間以内に夕食をとることが週に3回以上ある。
16 朝昼夕の3食以外に間食や甘い飲み物を摂取していますか。
17 朝食を抜くことが週に3回以上ある。
18 お酒(清酒、焼酎、ビール、洋酒など)を飲む頻度
19 飲酒日の1日当たりの飲酒量
日本酒1合(180ml)の目安:ビール500ml、焼酎(25度)110ml、ウイスキーダブル1杯(60ml)、ワイン2杯(240ml)
20 睡眠で休養が十分とれている。
21 運動や食生活等の生活習慣を改善してみようと思いますか。
22 生活習慣の改善について保健指導を受ける機会があれば、利用しますか。

※上記は平成30年4月1日以降受診分の質問項目となります。


2)必須受診検査項目

 上記1)の(1)検査項目と(2)質問項目が必須受診項目となりますので、コース健診を受診する場合でも必ず受診してください。

 なお、契約健診機関で受診する生活習慣病予防健診や日帰り人間ドック健診については、年齢にかかわらず特定健診項目が網羅されております。

 また、検査項目は概ね下表のとおりとなりますのでお知らせいたします。

 健診機関によって検査項目に一部違いがありますので、検査項目の詳細につきましては、各健診機関にご確認をお願いいたします。


〔検査項目表〕
検査分類 検査項目 生活習慣病
予防健診
婦人巡回健診 人間ドック (特定健診)
問診 診察
身体計測 身長・体重・BMI指数・腹囲
体脂肪率      
視力    
血圧 最高/最低
聴力 オージオメーター  
糖代謝 尿糖(定性)・空腹時血糖・HbA1c
腎尿路系 尿蛋白(定性)
尿潜血反応  
尿比重・尿沈査      
クレアチニン・eGFR
脂質代謝 総コレステロール  
HDLコレステロール・LDLコレステロール
中性脂肪
肝機能 AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTP
ALP  
総蛋白・アルブミン・A/G比・LDH      
総ビリルビン      
尿酸 尿酸  
膵機能 アミラーゼ(血清)      
血球検査 赤血球数・ヘマトクリット・ヘモグロビン
MCV・MCH・MCHC・白血球数・血小板数  
血清鉄      
前立腺検査 PSA(男性のみ)    
血液型検査 ABO式・Rh式      
血清検査 CRP      
肝炎ウイルス HBs抗原      
HCV抗体・HBs抗体      
呼吸器系 胸部X線  
肺機能検査 スパイロメーター      
消化器系 上部消化管X線  
上部消化管内視鏡・ヘリコバクターピロリ    
ペプシノーゲン・ABC検診    
便潜血反応(免疫2回法)  
心電図 12誘導
眼底 両眼
眼圧 両眼    
腹部超音波 腹部超音波    
子宮 医師採取・自己採取  
乳房 超音波  
マンモグラフィ    
視診・触診・超音波    
視診・触診・マンモグラフィ    

(参照:一般社団法人 東京都総合組合保健施設振興協会)

  • ○ … 標準検査項目
  • □ … 医師の判断に基づき選択的に実施する項目
  • △ … オプション項目

※健診機関によって検査項目に一部違いがあります。


● 契約医療機関が近くにない場合(補助金の支給について)

 原則、契約健診機関での受診となりますが、契約医療機関が近くにない場合で、生活習慣病予防健診や人間ドック健診を受診した場合に補助金を支給いたします。

 なお、40歳以上の方は、下記の注意事項について、予め健診機関と打合せ・調整のうえ受診をお願いいたします。


1)40歳以上の特定健診対象の方が契約医療機関以外で受診する場合の注意事項

  1. 検査項目について
    特定健診の検査項目が必須受診項目となりますので、必ず特定健診検査項目が網罹されたコース健診(生活習慣病予防健診や日帰り人間ドック健診等)を受診してください。
  2. 領収書等の記載事項について
     コース健診の領収書又は明細書に、特定健診部分(基本項目・詳細項目)と追加健診項目部分の内訳料金を付していただいてください。
  3. 結果表の提出について
    • 健診機関からFDまたはCD‐R(国で定めたXML形式の電子データ)による提供を受けられるとき
      ア)全ての受診項目(特定健診+追加健診)が収録されている場合は、当該「FDまたはCD‐R」を提出してください。
      イ)特定健診項目のみ収録の場合は、当該「FD又はCD‐R」及び「結果用紙による結果表写(追加項目分)」を提出してください。
    • 従来の結果用紙による健診結果表を受けられるとき
      結果用紙による結果表写(全項目分)を提出してください。
  4. 特定健診報告用健康質問票(添付書類)の提出について
     特定健診は「検査結果と質問票の提供」がないと、実施したことになりませんので、従来の結果用紙による健診結果表を提出する場合は、合わせて特定健診報告用健康質問票を提出してください。
     なお、上記3.の「国で定めた電子データ結果」には特定健診質問項目が収録されています。

 

2)一次健診

  1. ご希望の健診機関にて健診の予約および受診をします。
    ※契約健診以外で受診する場合は、申込書の提出は必要ありません。
  2. 健診料金の全額をお支払ください。
  3. 補助金の請求は、受診日から1ヵ月以内に次の添付書類を添えて申請してください。

    【添付書類】

    1. 40歳以上の特定健診対象の方
      上記1)の3.の結果表写、特定健診報告用健康質問票【必要に応じて】及び領収書
    2. 上記1.以外の方
      結果表写及び領収書(複数人分を請求するときは、領収書と合わせて受診者及び受診人数が確認できる明細書)


    【特定健診報告用健康質問票について】

    特定健診報告用健康質問票は、平成30年4月より一部質問項目に変更があります。
    健診を受診された日によって、下記のどちらかにご回答いただき、添付してください。


インデックス ページの先頭へ